コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅ローン控除制度 じゅうたくろーんこうじょせいど

2件 の用語解説(住宅ローン控除制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

住宅ローン控除制度

住宅ローンを利用して住まいを取得した際、借入残高に応じて所得税が控除される制度。年末のローン残高に一定の割合(税額控除率)を掛けた金額が、所得税から差し引かれる。従来のローン減税は最大控除額が587万5000円で、控除期間が15年間だったが、2001年7月からの新制度では、「期間10年、税額1%、累計500万円まで」と期間、減税額とも短縮された。また住宅購入の支援策として、住宅取得資金贈与の特例で贈与税についても、これまで300万円までは無税となる基礎控除額が500万円までとなった。さらにこの贈与税特例は01年から、買い替えや床面積50平方メートル以上、または工事費1000万円以上の増改築にも適用できる。

(平井允 まちづくりプランナー / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

住宅ローン控除制度

個人が金融機関等からの借入金によって住宅を新築したり、新築または中古住宅を購入したり、現在住んでいる住宅の増改築をする場合で、一定の要件を満たしていれば、年末の借入金残高に応じて、各年分の所得税から税額控除が受けられる、すなわち納めた税金が戻ってくるという制度です。なお、この控除は住宅とともに取得される敷地についても適用されます。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

住宅ローン控除制度の関連キーワード住宅ローン控除個人再生二世代ローンFHA住宅ローン減税住宅ローン担保証券住宅ローン保証保険住宅取得促進税制住まいひろがり特別住宅(本人型)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone