コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

住宅取得等特別控除 じゅうたくしゅとくとうとくべつこうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅取得等特別控除
じゅうたくしゅとくとうとくべつこうじょ

資金を借り入れて自宅の購入・建設増改築をした場合,建物にかかる年末借入残高の一部が6年間にわたって所得税より控除される特例住宅ローン控除とも呼ばれる。控除額は年間最高 25万円。ただし投資目的で取得すると,収入から借入金利の全額を差し引ける上,減価償却費などの諸経費が計上できるので税務上優位に立つ。そのため金融が緩和されて投資活動か盛んな時期は投資目的の不動産買い占めが進行して価格を上昇させ,純粋な住宅需要者は隅に追いやられる状況が生じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

住宅取得等特別控除の関連キーワード資金

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android