佐々木 理(読み)ササキ タダシ

20世紀日本人名事典の解説

佐々木 理
ササキ タダシ

昭和期の西洋古典学者 名古屋大学名誉教授。



生年
治33(1900)年1月1日

没年
平成3(1991)年8月30日

出生地
長野県

学歴〔年〕
東京帝大英文科〔大正13年〕卒

経歴
宮城県女専教授、二高教授、名古屋大学文学部教授、帝塚山大学教授を歴任。主著に「ギリシア・ローマ神話」「ギリシア神話と古代文学」、訳書にJ.E.ハリソン「古代芸術と祭式」、クセノフォン「ソークラテースの思い出」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐々木 理の関連情報