コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木仲沢 ささきちゅうたく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木仲沢
ささきちゅうたく

[生]寛政2(1790).陸中,上黒沢
[没]弘化3(1846).4.1. 仙台
江戸時代後期の蘭方医。奥州西磐井郡の人。名は知方 (芳) ,字は仲蘭,号は蘭嵎。江戸に上り大槻玄沢について蘭方を学び,のち桂川甫賢に師事した。甫賢より贈られた和蘭外科書に,瘍医新書のなかの刺絡編を加えて翻訳し,文政5 (1822) 年『刺絡精要』として刊行。同4年,仙台藩に医学館が設けられるや甫賢の推薦で同医学校の教師となり,女囚の死体を解剖,『解体存真図腋』を著わす。また C.フーフェラントの"Enchiridion medicum"の刺絡編を訳した『増訳八刺精要』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

佐々木仲沢の関連キーワードヨーゼフ二世上田秋成柄井川柳梅暮里谷峨ヨーゼフメートル法メートルm酪農の現状ギリシャ経済と緊縮策

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone