佐々槻子(読み)さっさ つきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々槻子 さっさ-つきこ

1795-1867 江戸時代後期の歌人,画家。
寛政7年生まれ。肥後熊本藩士佐々政寿の妻。同藩の中島広足(ひろたり)に国学,和歌をまなび,狩野(かのう)派の幽玉斎に画をまなんだ。慶応3年8月17日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android