コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々槻子 さっさ つきこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々槻子 さっさ-つきこ

1795-1867 江戸時代後期の歌人,画家。
寛政7年生まれ。肥後熊本藩士佐々政寿の妻。同藩の中島広足(ひろたり)に国学,和歌をまなび,狩野(かのう)派の幽玉斎に画をまなんだ。慶応3年8月17日死去。73歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

佐々槻子の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)世界のおもなアカデミーイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone