コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島広足 なかじま ひろたり

美術人名辞典の解説

中島広足

江戸後期の国学者歌人・熊本藩士。広足は名、通称は嘉太郎、号は橿園田翁。若くして隠居、ほとんど独学で本居学を継承、発展させた。帰郷して藩校の国学教授となる。元治元年(1864)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なかじま‐ひろたり【中島広足】

[1792~1864]江戸後期の国学者・歌人。肥後の人。号、橿園(かしぞの)。長崎に住んだ。独学で本居宣長父子の学を継承。のち肥後藩の藩校の国学教授。著「詞玉緒(ことばのたまのお)補遺」「橿園集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

中島広足【なかじまひろたり】

江戸後期の国学者,歌人。号橿園。肥後藩士。病弱のため隠居して長崎に住み,長瀬真幸に鈴屋学統の国学を学んだ。和歌は加藤千蔭門の一柳千古門下。歌風は自由平明。国学は本居春庭の八衢(やちまた)学をうけ,国語学考証に長じる。
→関連項目雅言集覧

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島広足 なかじま-ひろたり

1792-1864 江戸時代後期の国学者,歌人。
寛政4年3月5日生まれ。肥後熊本藩士。はやくに隠居し,長瀬真幸(まさき)にまなび,本居宣長(もとおり-のりなが)系の国学者として知られる。長崎,のち大坂で家塾をひらき,文久元年帰藩,藩校時習館でおしえた。文久4年1月21日死去。73歳。初名は惟清,春臣。通称は嘉太郎,太郎。号は橿園(かしぞの),田翁(たおさ)など。著作に「橿園文集」「かしのくち葉」など。
【格言など】行く川の水汲みあぐる水車めぐらす水のめぐらされつつ(「橿園集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中島広足

没年:元治1.1.21(1864.2.28)
生年:寛政4.3.5(1792.4.25)
江戸後期の国学者,歌人。名は惟清,春臣,広足,通称嘉太郎,太郎,号橿園,田翁など。熊本藩士中島惟規の子。藩士としては御番方,御小姓などを勤めたが文化12(1815)年早々と隠居し,同じ熊本の国学者長瀬真幸の指導のもと,本居宣長系統の国学を修める。本居大平には歌稿の添削を仰ぐ。のち長崎に出て諏訪神社の神官達と交流を持ち,青木永章,近藤光輔と並び称せられ,同地の国学者育成に尽力。晩年は大坂にも進出し,西日本各地の国学者,歌人と交際した。文久1(1861)年には藩校時習館の国学師範となる。著書は国学者の先達の業績を補訂した『詞の八衢補遺』以下数多く,『中島広足全集』に収められているほか,長崎県立図書館に自筆稿本類が多数寄託されている。ほかに『橿園集』『橿園文集』などもある。<参考文献>弥富破摩雄『中島広足』,白石良夫「中島広足往来抄」1~7(『文献探究』2・4~8・16号)

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかじまひろたり【中島広足】

1792‐1864(寛政4‐元治1)
江戸末期の国学者,歌人。橿園(かしぞの∥きようえん)と号した。熊本の細川家家臣の子として生まれ,国学は長瀬真幸(まさき),歌は江戸派の一柳千古に学んだ。長く長崎に住んだが,晩年は熊本に戻り藩の国学師範をつとめた。家集に《橿園集》《志能数多礼(しのすだれ)》があるが,中に,当時の長崎をうたった長歌〈詠紅毛舶入貢歌〉といった珍しい作もある。著作には《橿園随筆》ほか,語学,考証,注釈,日記等にわたる多数がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なかじまひろたり【中島広足】

1792~1864) 江戸末期の国学者・歌人。号は橿園かしぞの。肥後の人。国学を長瀬真幸に師事。長崎に住んだ。本居宣長父子の学を継承した。著「詞玉緒補遺」「詞の八衢やちまた補遺」「増補雅言集覧」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中島広足
なかじまひろたり

[生]寛政4(1792).3.5. 肥後
[没]文久4(1864).1.21. 肥後
江戸時代後期の国学者,歌人。号は橿園 (かしぞの) 。本居宣長門の長瀬真幸 (まさき) に学び,長崎,大坂に移住,晩年国学師範として熊本に帰住。著書『詞玉緒補遺』 (1854) ,『詞八衢 (やちまた) 補遺』 (57) ,『玉霰窓廼小篠』 (61) などがある。歌集『橿園集』 (39) ,『しのすだれ』 (48) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島広足
なかじまひろたり
(1792―1864)

国学者、歌人。幼名嘉太郎、長じて太郎春臣、のち広足。橿園(かしぞの)と号した。熊本藩士中島五郎平の子。病のため家督を譲り、長瀬真幸(まさき)門に学び、長く長崎にあって国学者・歌人として一家をなした。1857年(安政4)大坂に出、61年(文久1)には熊本藩の国学師範となった。本居大平(もとおりおおひら)、伴信友(ばんのぶとも)、橘守部(たちばなもりべ)らとも交友深かった。著作『詞玉緒(ことばのたまのお)補遺』は本居宣長(のりなが)の業を、『詞八衢(ことばのやちまた)補遺』は本居春庭(はるにわ)の業を例証によって補訂したもので、よく学風を表している。石川雅望(まさもち)の大著を補訂した『増補雅言(がげん)集覧』もある。歌文にも長じ、『橿園文集』の著がある。[林 巨樹]
『『中島広足全集』全二巻(1932・大岡山書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

中島広足 (なかじまひろたり)

生年月日:1792年3月5日
江戸時代末期の国学者;歌人
1864年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の中島広足の言及

【国学】より

…〈国学〉とは本来,律令制度のもとで諸国に置かれた学校を意味する言葉であったが,上記の字義で用いられるようになったのは近世後期のことである。本居宣長の《初山踏(ういやまぶみ)》も,〈皇国の事の学をば,和学或は国学などいふならひなれども,そはいたくわろきいひざま也〉と,この呼称には否定的であったが,中島広足(なかじまひろたり)の《橿園随筆(かしぞのずいひつ)》(1854)には,〈今云国学は,我国に道なきを恥て,本居の新に建立(たて)たる学〉といった語句が見え,〈国学〉の語義がその内容のイデオロギー化と大きな関係があったことをうかがわせる。この名称が最終的に定着したのは明治時代になってからであった。…

※「中島広足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中島広足の関連キーワード本間素当細川斉護広辻松叟坂本秋郷中島広行古森厚茂生年月日大隈言道船曳鉄門河野秋景田代正足船曵大滋藤田広見鈴木高鞆下田吉蔭和田厳足吉田敏成佐々槻子島重道

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android