コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯常人 さえきの つねひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯常人 さえきの-つねひと

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)12年(740)藤原広嗣(ひろつぐ)の乱で勅使として阿倍虫麻呂とともに筑紫(つくし)におもむき,隼人(はやと)24人,軍士4000人をひきいて板櫃(いたひつ)営をまもり戦果をあげた。のち衛門督(えもんのかみ)。天平21年正四位下。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐伯常人の言及

【藤原広嗣の乱】より

…広嗣側はその後態勢を立て直して板櫃川の西岸に進出し,東岸に布陣した中央政府軍と対峙した。両軍注視のなか,広嗣が勅使佐伯常人との応酬で論破されたことをきっかけに,広嗣軍は総崩れとなった。広嗣は綱手とともに肥前国松浦郡の値嘉(ちか)島からさらに西方をめざして逃走したが,船が値嘉島に吹きもどされたところを捕らえられ,斬殺された。…

※「佐伯常人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

佐伯常人の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android