佐分利貞夫(読み)さぶりさだお

世界大百科事典 第2版の解説

さぶりさだお【佐分利貞夫】

1879‐1929(明治12‐昭和4)
明治・大正期の外交官。東京に生まれ,1905年東京帝国大学法律学科を卒業。同年外交官試験に合格する。通商局長,条約局長を歴任して,21年大使館参事官となり,ワシントン会議全権随員となる。その後南北中国を視察し,29年外相幣原喜重郎の抜擢で中国公使となったが同年11月日華条約改訂交渉準備のため帰国中,箱根で自殺した(他殺説もある)。軍閥期から国民政府への過渡期にある中国を理解し,経済外交を重視する外務官僚として将来を期待されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android