過渡期(読み)かとき

精選版 日本国語大辞典 「過渡期」の意味・読み・例文・類語

かと‐き クヮト‥【過渡期】

〘名〙 (「かどき」とも) 古いものから新しいものへと移り変わる中間時期。また、物事が確立されず、動揺している時期。過渡時代
個人主義盛衰(1908)〈金子筑水〉「およそ古来の個人主義は、すべて旧文明が破壊されて新文明が起こらんとする過渡期に現はれてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「過渡期」の意味・読み・例文・類語

かと‐き〔クワト‐〕【過渡期】

古いものから新しいものへと移り変わっていく途中の時期。「歴史過渡期
[類語]途上途中中途途次道中行きがけ路次

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android