コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐味少麻呂 さみの すくなまろ

2件 の用語解説(佐味少麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐味少麻呂 さみの-すくなまろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)では,大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)側に属し,兵数百人をひきいて近江(おうみ)軍から大坂(奈良県香芝市)をまもる。天武天皇13年朝臣(あそん)の姓(かばね)をあたえられた。持統天皇3年撰善言司に任命された。名は宿那麻呂ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐味少麻呂

生年:生没年不詳
7世紀後半の官人。名は宿那麻呂とも書く。姓は君。壬申の乱(672)では大海人皇子(のちの天武天皇)方の武将として,二上山の北の大坂(香芝市)に屯し河内からの軍を防ぐ。天武13(684)年11月朝臣姓を賜り,翌年9月国司,郡司,百姓の消息を巡察する山陽使者に,持統3(689)年6月には施基皇子らと共に『善言』編纂のための撰善言司になる。時に位階は直広肆。

(館野和己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐味少麻呂の関連キーワード大伴馬来田巨勢宿奈麻呂昆解沙弥麻呂坂合部唐蘇我日向蘇我安麻呂高向国押田中足麻呂調淡海調老人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone