コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐味少麻呂 さみの すくなまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐味少麻呂 さみの-すくなまろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)では,大海人(おおあまの)皇子(のちの天武天皇)側に属し,兵数百人をひきいて近江(おうみ)軍から大坂(奈良県香芝市)をまもる。天武天皇13年朝臣(あそん)の姓(かばね)をあたえられた。持統天皇3年撰善言司に任命された。名は宿那麻呂ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

佐味少麻呂

生年:生没年不詳
7世紀後半の官人。名は宿那麻呂とも書く。姓は君。壬申の乱(672)では大海人皇子(のちの天武天皇)方の武将として,二上山の北の大坂(香芝市)に屯し河内からの軍を防ぐ。天武13(684)年11月朝臣姓を賜り,翌年9月国司,郡司,百姓の消息を巡察する山陽使者に,持統3(689)年6月には施基皇子らと共に『善言』編纂のための撰善言司になる。時に位階は直広肆。

(館野和己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

佐味少麻呂の関連キーワード生年

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android