佐波賀だいこん(読み)さばがだいこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

佐波賀だいこん[根菜・土物類]
さばがだいこん

近畿地方、京都府の地域ブランド。
主に舞鶴市佐波賀地区で生産されている。江戸時代の嘉永年間(1848年〜1854年)または安政年間(1854年〜1860年)には存在したとされ、四月だいこん、または真壁だいこんと呼ばれていた。2月〜5月に収穫される極晩生の春だいこん。根は紡錘形で重さ400g程度。首の色が淡緑と白のふたつの系統がある。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android