佐藤太圭子(読み)さとう たかこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤太圭子 さとう-たかこ

1944- 昭和後期-平成時代の舞踊家。
昭和19年2月1日生まれ。島袋光裕に琉球舞踊をまなぶ。昭和38年沖縄タイムス芸術祭グランプリ。56年から華の会を主宰。創作舞踊活動をつづけ,海外公演,日本縦断公演をおこなう。57年「夕入相(ゆういりあい)」などの創作で芸術祭優秀賞。平成15年松尾芸能賞舞踊優秀賞。沖縄県立芸大教授。沖縄県出身。那覇高卒。本名は山内太圭子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤太圭子の関連情報