コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芸術祭 げいじゅつさいart festival

4件 の用語解説(芸術祭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術祭
げいじゅつさい
art festival

各種芸術の祭典。音楽祭,演劇祭など部門別および総合的な芸術祭など,世界各地で多様な形で行われている。日本では普通,芸術の創造と進展に寄与する目的で 1946年から毎年 10,11月に行われる文化庁主催の芸術祭をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げいじゅつ‐さい【芸術祭】

文化庁の主催で毎年秋に行われる芸術の祭典。昭和21年(1946)に発足。演劇・音楽・舞踊・演芸などの各分野で行われる。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げいじゅつさい【芸術祭】

文化庁(1967年までは文部省)が主催して毎年秋に行われる芸術の祭典。優れた作品をひろく一般に公開して芸術鑑賞の機運を醸成し,また,芸術家に意欲的な公演発表をうながして芸術の創造と進展に寄与し,国民の文化の向上をはかることを目的としている。1946年から始められた。毎年10月1日から11月15日の1ヵ月半を芸術祭期間とし,その企画と運営は学識経験者などで構成された芸術祭執行委員会が行う。演劇,能楽,音楽,舞踊,民俗芸能大衆芸能など舞台芸能には,主催公演,協賛公演,参加公演の3種があり,参加公演は審査を経たうえで芸術祭大賞と芸術祭優秀賞が与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芸術祭
げいじゅつさい

毎年秋、10月から11月にかけて、文化庁主催で行われる芸術の祭典。1946年(昭和21)、当時の文部省に芸術課が新設され、作家今日出海(こんひでみ)が初代課長に就任、その発案・提唱により、芸術振興による文化向上を目ざして発足。同年9月、10月、旧帝国劇場と東京劇場で歌舞伎、新劇、オペラ、バレエなどの各種舞台芸術が一般に公開されたのが第1回であった。当初は予算も少なく小規模であったが、49年からは文部省主催公演のほか参加公演の審査コンクール制度を設け、映画、放送、レコードなど部門も年々増加して活発化した。68年からは文化庁の主管となり、年度ごとに組織される芸術祭執行委員会がその企画・運営にあたっている。委員会は、主催公演の企画、協賛公演の指定委嘱、参加公演の審査選考などを行い、参加公演のうちとくに優れた成果をあげた者に、文部科学大臣から芸術祭賞が贈られる。
 1985年、昭和60年度(第40回記念)芸術祭を機会に抜本的な改善が行われ、芸術祭は演劇、音楽、舞踊、演芸の実演4部門を中心とした芸術の祭典であることが強調され、従来の映画、放送(ラジオ、テレビ)、レコード各部門は、新設の年間賞(文化庁芸術作品賞)の対象とすることになり、また県や市との共催による芸術祭地方開催が始まった。なお、1971年(昭和46)には芸術祭を母体に移動芸術祭が発足、全国各地の公立文化施設との連携で、舞台芸術の地方公演が大幅に拡充された。
 1995年度(平成7)以降にもいくつかの改善が行われ、この年から賞の内容が次のようになった。演劇、音楽、舞踊、演芸の4部門は、芸術祭大賞、優秀賞、新人賞がそれぞれ授与される(映画等の年間賞は廃止)。翌96年度からは放送(テレビ、ラジオ)が加わり、作品賞として大賞と優秀賞が、個人賞として放送個人賞が授与されることになった。99年度にはレコードも加わり、大賞と優秀賞が授与されている。[田中英機]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芸術祭の関連情報