コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤恒丸 さとう つねまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤恒丸 さとう-つねまる

1872-1954 明治-昭和時代の軍人,内科医。
明治5年8月28日生まれ。陸軍軍医となり,大正11年陸軍軍医総監。その間,京城衛戍(えいじゅ)病院長,日本赤十字病院長,侍医頭,宮中顧問官などを歴任した。昭和29年4月16日死去。81歳。東京出身。帝国大学卒。著作に「医学常識」「胸膜炎腹膜炎」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤恒丸の関連キーワード昭和時代内科医明治

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android