コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮中顧問官 きゅうちゅうこもんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮中顧問官
きゅうちゅうこもんかん

1885年 12月 22日の太政官達 68号により,内大臣,内大臣秘書官とともに宮中に設けられた官職。定員は 15名以内で,宮中での典範儀式に関する事件についての諮詢に意見を具上することを任とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宮中顧問官【きゅうちゅうこもんかん】

宮中に置かれた勅任の官職。1885年内大臣,同秘書官とともに設置。皇室典礼・儀式に関する諮問に応ずることを任務とした。1907年以降は単なる名誉職となり,宮内大臣の諮問に応じ臨時に宮内省の事務を助けた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうちゅうこもんかん【宮中顧問官】

旧憲法下で、宮内大臣の諮問に応じた勅任の官職。国家に勲功のあった者の中から選ばれた。1945年(昭和20)廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宮中顧問官の関連キーワード日根野 要吉郎池辺 棟三郎日根野要吉郎伊地知 正治小笠原 武英三室戸 敬光松本 源太郎丸尾 錦作原 恒太郎岩倉 具綱二条 基弘大島 義修藤波 言忠高橋 其三小牧 昌業岩倉 具経伊地知正治小原 駩吉本多 正復伊達 宗陳

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android