コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体尺測定 たいしゃくそくてい

世界大百科事典 第2版の解説

たいしゃくそくてい【体尺測定】

家畜の体各部の長さを定められた方法に従って測定すること。この測定値と体重から家畜の体の大きさを知り,また体型のつり合いを判断することができるので,外貌審査(家畜審査)の補助手段として実施される。測定器具としては,測杖(そくじよう),挟尺,巻尺を用いて,正しい姿勢に立たせた家畜について図のような部位を測定する。【正田 陽一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android