コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻尺 まきじゃく measuring tape

4件 の用語解説(巻尺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巻尺
まきじゃく
measuring tape

通常はビニル加工した布または鋼製で,巻取って金属製または革製のケースに入れるものさし。2~10m程度の小型と 20~50mの大型とがあるが,いずれもミリ目盛りまでついている。前者は裁縫用,工作用,その他工場などでもよく使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まき‐じゃく【巻(き)尺】

容器に巻き込んでおき、使用時に引き出して用いるテープ状の物差し。布製・紙製・金属製などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まきじゃく【巻尺 tape measure】

長さが0.5m以上のテープ状の直尺を巻いてケースに格納できるようにしたもの。鋼製と繊維製とがある。鋼製巻尺には精密測量に適しているハンドテープ,土地測量,生産加工品の寸法測定に使用される一般用巻尺,巻尺の先端におもりを取り付け,そのおもりの先端が目盛の零基点となり,油槽内の液体の深さや掘削した穴の深さなどの測定に用いるタンク巻尺がある。また工業用から家庭用まで寸法測定に使用されるコンベックスルールがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻尺
まきじゃく

使用しないときは巻枠に巻き込んで格納して携行する長い物差し。金属製、繊維製および竹製などがある。金属製には針金状のものとテープ状のものが、繊維製には紐(ひも)状とテープ状のものがある。竹製は竹を細く割って接(は)ぎ合わせたものである。いずれも単位長さごとの目盛りまたは標識をもつ。
 巻尺の歴史は古く、ピラミッドの建設に紐状の巻尺を使っている図が残っている。初期のものはすべて紐、縄、竹のひごで、日本では測量用のものは間縄(けんなわ)または竹縄(たけなわ)とよばれ、また田地用のものは水縄(みずなわ)ともよばれた。
 最高級のものには測量用基線巻尺がある。これは、温度による膨張収縮のない25メートルほどの合金の針金尺で、両端のみに目盛りがあり、測地基線の設定に用いられる。一般に用いられる測量、建設用のものは鋼製のテープ状で、必要に応じ温度および張力の補正を行う。200メートルが最長であるが、特別な用途にはもっと長いものもつくられる。日常用の短いものには、テープを樋(とい)状にして、立てて使えるコンベックスルールがある。
 繊維製は麻などの天然繊維が用いられていたので、温度・湿度による変化が大きかったが、最近はガラス繊維にかわり、精度・耐久性とも向上した。竹縄は第二次世界大戦前まで水田などに用いられたが、いまはつくられない。一般用にはJIS(ジス)(日本工業規格)が設けられ、また計量法の規定もあって精度が定められている。[小泉袈裟勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巻尺の言及

【測量】より

…この時代には地理学的発展,航海術の進歩に伴い,地図や測量データへの要求が一段と強まった。1530年ころにはオランダで現在の巻尺の元となった測量鎖が初めて用いられ,1600年ころには水平角測定装置が開発され,このような装置に初めてセオドライトtheodoliteの名称が記されている。平板測量器具はヘンマ・フリシウスRegnier Gemma Frisius(1508‐55)により発明されたといわれ,それがプレトリウスJohann Praetorius(1537‐1616)により広められた。…

【ものさし(物差∥物指)】より

…今日の尺は1891年の度量衡施行令付則にメートルの10/33と定められて,それまで長さの標準がなく推移してきたことに終りを告げ,初めて長さの単位としての基礎が確立されたのである。度量衡
[種類]
 現在,使われているものさしには直尺rule(scale),角度直尺,たたみ尺,巻尺などがある。直尺はまっすぐな一片の棒や板に目盛線を刻んだもので,もっともたくさん使われている。…

※「巻尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巻尺の関連キーワード紙テープボビンオープンリール尺を取るテープ生テープ橅子渦巻マグネチックテープVテープ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巻尺の関連情報