コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体積法則 たいせきほうそくvolume law

岩石学辞典の解説

体積法則

火成岩でレヴィンソン・レッシングが見いだした法則で,アルカリとカルクアルカリ鉱物の分子容が構成酸化物の分子容の合計よりも大きく(正の鉱物),鉄マグネシウム鉱物ではこの関係は逆となる(負の鉱物)[Loewinson-Lessing : 1899].変成岩ではベッケが動力変成作用の過程の間で,鉱物の分子容は減少することを示唆している[Becke : 1896].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

体積法則の関連キーワード火成岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android