コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

作り病 ツクリヤマイ

デジタル大辞泉の解説

つくり‐やまい〔‐やまひ〕【作り病】

いつわって病気のふりをすること。仮病(けびょう)。
「ある時、―をして、隠れ家にてみづから食物を調へけるに」〈咄・きのふはけふ・上〉
自分から病気をつくりだすこと。また、その病気。
「上の御心より起こったる―」〈浄・聖徳太子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくりやまい【作り病】

病気だと偽ること。仮病けびよう。 「或る時-をして/咄本・昨日は今日」
気の持ち方などが原因となって、自分で作りだした病気。 「心と苦をうけて-するは/撰集抄 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

作り病の関連キーワード撰集抄咄本病気

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作り病の関連情報