きのふはけふの物語(読み)キノウハキョウノモノガタリ

精選版 日本国語大辞典の解説

きのうはきょうのものがたり きのふはけふのものがたり【きのふはけふの物語】

江戸初期の咄本(はなしぼん)。二巻。作者未詳。慶長末から元和末(一六一四‐二四)頃の成立か。元和から寛永(一六一五‐四四)頃刊の古活字本数種、寛永一三年(一六三六)以前の整版本以下の諸本があり、異同が大きい。軽妙な笑話や狂歌、武将の逸話などを収め、時世を反映した破戒僧や男色の話が多く見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android