佳興里磨崖三尊仏(読み)かこうりまがいさんぞんぶつ(英語表記)Kahǔng-ri maae samjon-bul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佳興里磨崖三尊仏
かこうりまがいさんぞんぶつ
Kahǔng-ri maae samjon-bul

韓国,慶尚北道栄州邑佳興里の河畔に面した景勝地にある磨崖石仏。与願,施無畏手印 (→印契 ) をとる如来坐像 (高さ 2.3m) を中尊に,左右に菩薩立像を配した三尊仏で,新羅統一前後の作品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android