使盛・遣盛(読み)つかいざかり

精選版 日本国語大辞典「使盛・遣盛」の解説

つかい‐ざかり つかひ‥【使盛・遣盛】

〘名〙
金銭をさかんに使う年ごろ。
※浮世草子・好色三代男(1686)二「つかひ盛(ザカリ)の男、しかもよい器量して」
② あれこれ使うのにてごろで従順な年ごろ。また、そのような人。
※古活字本毛詩抄(17C前)一三「我はまだ年がよらぬ程に使ひさかりぢゃと思て使はるるが」

つかい‐さか・る つかひ‥【使盛・遣盛】

〘他ラ四〙 金銭をさかんに使う。金をはでに使う。散財する。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「惣じて買手俄につかいさかる時は、やがてともし火のきゆる恋の闇路」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android