コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇路 ヤミジ

デジタル大辞泉の解説

やみ‐じ〔‐ぢ〕【闇路】

闇夜の道。
心が迷い分別のつかない状態。「恋の闇路をさまよう」
冥土(めいど)。死出の旅路。
「―には誰かはそはむ死出の山ただ独りこそ越えむとすらめ」〈拾玉集

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やみじ【闇路】

暗い道。闇夜の道。 「 -を歩く」
迷って判断のつかない状態。また、煩悩ぼんのうにとらわれること。 「恋の-」
あの世。また、あの世へ行く道。冥土。 「若君と一つ-を伴ひたれば/盛衰記 47

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

闇路の関連キーワード小倉 右一郎松崎 天民小倉右一郎赤江瀑法の灯盛衰記恋の闇あの世誰か死出

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

闇路の関連情報