コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

価値連鎖 value chain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

価値連鎖
かちれんさ
value-chain

アメリカの経営学者でハーバード・ビジネス・スクール教授の M.ポーターが提唱した考え方で,購買・製造・販売など企業の基本活動を情報システムで相互に連結し,価値を最適化させるという方法。つまり,上記3つの基本活動は相互に依存し合い,一つの鎖でつながっている「連鎖活動」であり,そこからポーターの基本コンセプト──競争優位が生れる,というもの。このヴァリュー・チェーンは社内だけに限らず,取引先や仕入れ先などを巻き込んで拡大すれば,大きな効果が期待できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

価値連鎖の関連キーワードアウトソーシング戦略食料産業クラスターピュアカンパニー化バリューチェーン競争戦略VCM

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android