コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館 しんかにちぐんなんきんだいぎゃくさつぐうなんどうほうきねんかん

1件 の用語解説(侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

しんかにちぐんなんきんだいぎゃくさつぐうなんどうほうきねんかん【侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館】

中国の江蘇(こうそ)省南京(なんきん)市にある、1937年に南京を占領した旧日本軍による、30万人にも及ぶとされる南京大虐殺の犠牲者を追悼するために建てられた施設。内部には人骨が展示されており、線香や花束を備える場所もある。資料館には、南京大虐殺や抗日戦争に関するパネル展示や資料展示がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone