コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京大虐殺 ナンキンだいぎゃくさつNanking Massacre; Nanking Atrocities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南京大虐殺
ナンキンだいぎゃくさつ
Nanking Massacre; Nanking Atrocities

日中戦争初期に日本軍が行なったといわれる中国兵捕虜ならびに民間人に対する集団殺戮・暴行事件。当時の国民政府の首都南京占領に伴い,日本軍は 1937年 12月の南京攻略作戦時およびその後の数週間にわたって中国軍捕虜や非武装の一般市民をも含め虐殺略奪行為を行なった。第2次世界大戦終了後,極東国際軍事裁判において当時の軍司令官だった陸軍大将松井石根がこの事件の責任を問われ死刑に処せられ,南京の軍事法廷では陸軍中将谷寿夫が起訴され死刑となった。虐殺行為の規模などについてはいまだ各方面で論争が続いている。被害者数についても数千人規模とするものから 30万人以上が犠牲になったという説までさまざまである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

南京大虐殺

日中戦争が始まって5カ月後の1937年12月13日、旧日本軍が中華民国国民政府の首都だった南京を制圧し、捕虜や一般市民を殺害するなどした。犠牲者数を中国側は「30万人」と主張する一方、日本側の研究者は「4万~20万人」とする見方が多い。

(2010-12-03 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐だいぎゃくさつ【南京大虐殺】

日中戦争初期の昭和12年(1937)、南京を占領した日本軍による、中国軍捕虜や一般市民に対する大規模な略奪・暴行・虐殺事件。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

南京大虐殺【ナンキンだいぎゃくさつ】

1937年12月南京を占領した日本軍による虐殺・略奪事件。中国軍は日本軍入城前に撤退していたが,日本軍は1938年2月までに約20万人,中国側の発表では43万人の中国人を虐殺。
→関連項目戦後補償南京事件羽田孜内閣松井石根

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナンキンだいぎゃくさつ【南京大虐殺】

日中戦争で南京占領に際し日本軍によって中国軍民に加えられた大規模な残虐行為。1937年(昭和12)8月,日中戦争は華北から華中に拡大,日本軍は上海で中国軍の激しい抗戦に直面し,大きな損害を被った。11月上旬ようやく中国軍を退却させると,中支那方面軍(軍司令官松井石根大将)は,指揮下の上海派遣軍(軍司令官朝香宮鳩彦王中将)と第10軍(軍司令官柳川平助中将)を,与えられていた任務を逸脱して国民政府の首都南京に向かって急進撃させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ナンキンだいぎゃくさつ【南京大虐殺】

日中戦争さなかの1937年(昭和12)12月から翌年1月にかけて、南京を占領した日本軍が中国人に対して行なった大規模な暴行略奪虐殺事件。このとき殺された中国人の数は、極東軍事裁判では二〇万人以上とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南京大虐殺の関連キーワード侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館ピースおおさかと加害展示NHK経営委員会戦時下の加害行為ユネスコ分担金藤間 身加栄佐々木 元勝丸木 位里重慶大爆撃世界の記憶江蘇(省)教科書事件江口 圭一藤間身加栄教科書裁判丸木 俊日中関係稲田朋美藤原 彰洞 富雄

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南京大虐殺の関連情報