俊傑神稲水滸伝(読み)しゅんけつしんとうすいこでん

精選版 日本国語大辞典「俊傑神稲水滸伝」の解説

しゅんけつしんとうすいこでん ‥シンタウスイコデン【俊傑神稲水滸伝】

読本。二八編一四〇冊。初~四編は岳亭定岡、五~二八編は知足館松旭作。挿絵、岳亭定岡・六花亭富雪他。文政一一年(一八二八)から明治一五年(一八八二)刊。「水滸伝」を日本の戦国時代初期に置きかえて翻案したもの。神稲水滸伝。主人公は神洞信行・稲場鬼門の二名。これに怪盗や妖女艷女がからみ、鬼門の切腹に終わる。「八犬伝」に比肩する長編小説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android