俊傑神稲水滸伝(読み)しゅんけつしんとうすいこでん

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんけつしんとうすいこでん ‥シンタウスイコデン【俊傑神稲水滸伝】

読本。二八編一四〇冊。初~四編は岳亭定岡、五~二八編は知足館松旭作。挿絵、岳亭定岡・六花亭富雪他。文政一一年(一八二八)から明治一五年(一八八二)刊。「水滸伝」を日本の戦国時代初期に置きかえて翻案したもの。神稲水滸伝。主人公は神洞信行・稲場鬼門の二名。これに怪盗や妖女艷女がからみ、鬼門の切腹に終わる。「八犬伝」に比肩する長編小説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android