コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保険計理人

保険基礎用語集の解説

保険計理人

保険会社において保険数理を担当する者のことを指します。我が国では、従来、生命保険会社に対し保険計理人の選任を義務づけていたが、近年、損害保険事業においても長期保険等保険数理の経験。知識を必要とする分野が大きくなったことから。平成8年施行の保険業法(第120条から第122条)では、一定要件に該当する損害保険会社にも、保険計理人を置くことになりました。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の保険計理人の言及

【アクチュアリー】より

…多くの国の保険監督法規においては,通常生命保険会社に対しアクチュアリーを配置し保険数理に関する事項を担当することを命じている。日本の場合も,保険業法89条および90条により生命保険会社は,〈保険計理人〉と称する一定の学識と生命保険数理に関する実務の経験を有するアクチュアリーを選任しなければならない。保険計理人は保険数理に関する事項等を担当するばかりでなく,会社の経営全般に関与するとともに,一定の事項について大蔵大臣の諮問に答申することを義務づけられている。…

※「保険計理人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

保険計理人の関連キーワードアクチュアリー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android