コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信国 のぶくに

大辞林 第三版の解説

のぶくに【信国】

南北朝時代、山城国の刀工。来派の出身とされる。短刀が多く、刀身の彫り物を特徴とする。二、三代も良工。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

信国の関連キーワード坂本(群馬県)免疫グロブリン万国郵便連合お花・半七長町女腹切南北朝時代主水正正清ゾンビPC塚本 閤治大隈言道国重お源国際郵便若神子城獅子吼城平時兼総務省日本刀山城物山城国三代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信国の関連情報