コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山城国 やましろのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山城国
やましろのくに

京都府の南半部の旧名。畿内の一国。上国。奈良時代には山背国,山代国と書いた。奈良京から「山のあなた」とされたところ。古くから文化が開け,秦氏狛氏(高麗氏)らの渡来人が住んだ。京都市太秦広隆寺秦河勝聖徳太子から授かった仏像を安置した寺と伝え,木津川市に高麗寺跡があることはこれを物語る。古来の氏族としては賀茂氏があり,『山城国風土記』逸文にみえる賀茂伝説で知られ,賀茂神社(賀茂御祖神社賀茂別雷神社)はこの祖神をまつった神社である。国府の所在地については異説があり明らかでない。国分寺木津川市の加茂にあり,ここに聖武天皇は天平12(740)年からしばらく恭仁京を置いたこともあった。『延喜式』には乙訓(おとくに),葛野(かとの),愛宕(おたき)など 8,『倭名類聚抄(和名抄)』には 77,田 8961町を載せている。延暦3(784)年には桓武天皇が乙訓郡長岡に新都を造営(→長岡京),同 13年にはさらに葛野郡宇太の地に遷都して平安京と呼んだ。これを機会に国名も山城国と改められ,五畿(→五畿七道)内の序列も大和国に代わって首位となった。権門勢家,神社,寺院などの勢力も強くなって,他国とは大きな相違がみられた。鎌倉に幕府が開かれてからは他国にみられる守護は置かれず,文治1(1185)年北条時政京都守護に任じられたが,承久の乱以後は六波羅探題を設置,これにあたった。建武中興以来再び政治の中心となり室町時代にいたったが,室町幕府の所在地として特殊な地域であった。商工業は全国にさきがけて発達し,ことに室町時代以降には京都に多数の酒屋,土倉が繁栄。その反面,これらの大商人に対する反抗がいわゆる一揆として発生し,さらに室町時代の後期には幕府の権威失墜とともに応仁の乱が起こり,京都市街の大半は焼失した。江戸時代には京都所司代の支配下に置かれ,藩では淀藩に稲葉氏 10万石が置かれた。明治1(1868)年閏4月京都府が置かれ,同 4年7月に淀藩が県となり,同年 11月に丹波国とともに京都府に,さらに 1876年統合されて今日の京都府となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やましろ‐の‐くに【山城国】

山城

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山城国【やましろのくに】

旧国名。山州,城州とも。畿内の一国。現在の京都府南部。もと奈良山の背後の地ゆえ山背(やましろ)(山代)と書き,794年の平安遷都で山城と改字,全国の政治・経済・文化の中心となる。
→関連項目革島荘京都[府]近畿地方久世荘久我荘東山山荘平安遷都雍州府志

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

やましろのくに【山城国】

現在の京都府中南部を占めた旧国名。大和(やまと)国(奈良県)の背後にあるところから山背(やましろ)と記したが、平安京遷都により山城と改定。律令(りつりょう)制下で畿内(きない)を形成する5国の一つで、「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)とされた。国府は現在の京都市、国分寺は木津川(きづがわ)市加茂(かも)町例幣(れいへい)におかれていた。古くから開発が進み、渡来系の(はた)氏、高麗(こま)氏の本拠地として、また木津川をはじめ交通網が集中していたため、政治的、経済的に重要な地となった。794年(延暦(えんりゃく)13)に桓武(かんむ)天皇が平安京を造営して以来、江戸時代末まで都がおかれた。その間、鎌倉時代京都守護(のち六波羅探題(ろくはらたんだい))がおかれ、室町時代には幕府を開設、山名氏、畠山(はたけやま)氏一色(いっしき)氏などが守護となった。国一揆(いっき)が頻発し、守護を国外に退去させたこともあった。戦国大名は全国制覇のため京都進出を争い、江戸時代、幕府は京都所司代をおき支配したが、淀(よど)藩のほかは大部分が天皇家、公家、社寺の支配地で占められていた。1868年(明治1)に淀藩以外の多くは京都府となり、淀藩地域も1871年(明治4)の廃藩置県で京都府に合併した。◇城州(じょうしゅう)、また雍州(ようしゅう)ともいう。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やましろのくに【山城国】

旧国名。山州。城州。現在の京都府南部の地。東は近江,伊賀,南は大和,西は河内摂津,丹波に接し,四方ともに山で,周辺山地からの木津川,宇治川,鴨川(賀茂川),桂川,淀川などが平野部に流れる。人文のうえでは,中央にある巨椋池(おぐらいけ)(干拓事業で消滅)の北の京都盆地および周辺山地と,南山城地域とに区分できる。
【古代】
 五畿内の上国(《延喜式》)。《和名類聚抄》に田数8961町余とある。乙訓(おとくに),葛野(かどの),愛宕(おたぎ),紀伊,宇治,久世(くぜ),綴喜(つづき),相楽(さがら)の8郡から成り,畿内国ではあったが当初の順位は大和,河内,摂津につぐ4位で,836年(承和3)にようやく1位とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山城国
やましろのくに

旧国名。現在の京都府南部の地域。山(さん)州、城(じょう)州。東は近江(おうみ)・伊賀(いが)、南は大和(やまと)、西は河内(かわち)・摂津(せっつ)・丹波(たんば)の国々と接していた。盆地の周辺の山々から、高野(たかの)川、賀茂(かも)川(鴨川)、桂(かつら)川、宇治(うじ)川、木津(きづ)川などが流れ出し、合流して淀(よど)川となる。これらが合流する中央低地部分に巨椋(おぐら)池があった。
 古くは「山代」「山背」と記された。古代政治の中心地である大和からみれば、当地は山の後ろ(背後)にあたることから、このように名づけられたとされている。平安京へ都を移した794年(延暦13)の桓武(かんむ)天皇の詔(みことのり)に、「此(こ)の国の山河襟帯(きんたい)にして自然に城を作(な)す。斯(か)の形勝に因(よ)りて新号を制すべし。宜(よろ)しく山背国を改め山城国となすべし」とあり、これ以後「山城」に改められた。
 五畿内(きない)の一つで、『和名抄(わみょうしょう)』には、「田八千九百六十一町七段二百九十歩」とある。乙訓(おとくに)、葛野(かどの)、愛宕(おたぎ)、紀伊、宇治、久世(くぜ)、綴喜(つづき)、相楽(さがら)の八郡に分けられていた。国府は当初、南山城の相楽郡にあったが、その後葛野郡に移され、さらに797年には長岡京の南の地、そして河陽(かや)離宮へと移っている。古代豪族として、葛野を本拠とする賀茂氏のほか、渡来氏族の秦(はた)氏や狛(こま)氏などが著名である。大和に隣接しており、早くから開発が進んでいた。奈良時代に数年間ではあるが、相楽郡に恭仁(くに)京が営まれた。平安遷都以前のおもな道としては、大和から奈良坂を越え木津川の右岸を北上する山背道(やましろじ)(古北陸道)と、木津川左岸を北に上る丹波道(たんばじ)(古山陰道)があった。平安遷都後は、政治・経済・文化の中心地として発展し、人々の往還や物資の流入も盛んとなり、東海道をはじめとする道路や、淀川、木津川などの水運も大いに利用された。
 京都とその周辺には、貴族や大社寺などの荘園(しょうえん)領主が集中しており、全国各地の荘園から年貢など多くの物資が運ばれてきた。そのため早くから商工業が発達し、中世都市京都は目覚ましい発展を遂げる。当国の荘園は、京都の貴族や寺社の膝下(しっか)荘園が多く、また南山城には南都興福(こうふく)寺の荘園があったが、大規模なものはほとんどなく、そこから強大な在地の武士を生み出すこともなかった。むしろ当地は、村落の惣(そう)結合を軸にした農民諸層の活発な活動の舞台となっている。そのため彼らが耕作活動を行うなかで起こってくる水利をめぐる結び付きや村落間の争い、また土一揆(つちいっき)などの動きを示す史料が数多く残されている。
 この王朝権力の中心地に、鎌倉幕府は初め京都守護(しゅご)を置いた。承久(じょうきゅう)の乱(1221)以後は、洛中(らくちゅう)の警固と西国の訴訟を管轄するために六波羅探題(ろくはらたんだい)を設置し、それが当国内の治安維持にもあたることとして、守護は置かれなかった。次の室町幕府も、当初は守護を置かず、のちに侍所頭人(さむらいどころとうにん)の兼帯するところとなった。南北朝時代末期に至って山名氏清(やまなうじきよ)が守護となったが明徳(めいとく)の乱で滅び、以後はいずれも短期間の守護で、他の国々の守護のように国内の武士を組織して領国化するという傾向はあまりみられない。応仁(おうにん)の乱では、当地は東西両軍の主戦場となった。1485年(文明17)戦乱が続く南山城で、地侍(じざむらい)と農民が両畠山(はたけやま)軍の撤退を求めて立ち上がり、「国中掟法(くにじゅうおきて)」を定め、8年間にわたって国一揆の自治体制が維持された。山城国一揆の崩壊後は、細川氏が山城全域に支配を及ぼした。
 1568年(永禄11)の織田信長入京以後は、その有力な家臣たちの支配下に入り、また豊臣(とよとみ)秀吉は伏見(ふしみ)城と城下町を建設し、城州検地を実施した。江戸時代の当国内には淀藩以外に大きな藩がなく、ほとんどが朝廷、公家(くげ)、寺社の所領で、武家領は南山城に集中していた。京都は江戸、大坂と並ぶ大都市で多くの人口を抱えており、近郊の農村は、宇治の茶、山崎の油、伏見の酒、淀の川魚、八幡(やわた)の筍(たけのこ)をはじめ果物や野菜などの供給地となっていた。
 1868年(慶応4)淀藩領を除いて京都府が設置された。71年の廃藩置県で淀県が成立したが、これものちに廃止され京都府に入った。[酒井紀美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の山城国の言及

【雍州府志】より

…江戸時代に刊行された山城国に関する最初の総合的地誌。著者は黒川道祐。…

※「山城国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山城国の関連キーワード大枝山関(大江山関)拝師荘(拝志荘)賀茂建角身命井手の下帯京都[府]公寛法親王山城国一揆六人部是香伊賀街道北村季吟山崎宗鑑四宮河原宇治十帖下鴨神社小石元俊畠山義就氷魚の使青木金家毫摂寺興聖寺

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山城国の関連情報