コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信夫菜

デジタル大辞泉プラスの解説

信夫菜

福島県福島市で生産される葉物野菜小松菜に似た漬け菜の一種。葉はへら形で、縁には鋸状の切れ込みがある。「のぶな」とも読む。「信夫冬菜」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

信夫菜[根菜・土物類]
しのぶな

東北地方、福島県の地域ブランド。
主に中通り北部を中心に生産されている。昭和の初期、福島市渡利地区から岡部地区にかけて秋冬の桑園間作として栽培されてきたものを、当時の郡農会が信夫菜と命名した。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

信夫菜の関連キーワード福島県福島市東北地方

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信夫菜の関連情報