コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小松菜 コマツナ

3件 の用語解説(小松菜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こまつ‐な【小松菜】

アブラナの変種。野菜として栽培され、葉を汁の実・漬け物・浸し物などにする。若いものをうぐいす菜ともよぶ。江戸時代の産地の一つ、江戸川区小松川にちなむ名ともいわれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小松菜

江戸時代に8代将軍徳川吉宗が鷹(たか)狩りで小松川江戸川区)を訪れた際、すまし汁に入った青菜を気に入り、地名にちなんで命名したと伝わる。もともとは冬の野菜で、正月の雑煮によく使われた。年に何度も栽培でき、都内では江戸川、葛飾、足立区などで盛んに作られている。

(2016-05-12 朝日新聞 朝刊 東京四域・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こまつな【小松菜】

〔東京都江戸川区小松川付近に多く産したことからいう〕
アブラナの一品種。葉の大きい濃緑色の野菜。繊維が少なく軟らかい。汁の実・浸し物などにする。若苗をツマミナという。ウグイスナ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小松菜の関連キーワードアブラナ(油菜)アンディーブ唐菜菜種漬菜畑菜タカナチンゲンツァイノザワナ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小松菜の関連情報