信疑(読み)しんぎ

精選版 日本国語大辞典「信疑」の解説

しん‐ぎ【信疑】

〘名〙 ずることと疑うこと。また、信ずべきことと疑わしいこと。
愚禿鈔(1255)上「二機対〈略〉信疑対、愚対、善悪対、〈略〉已上十八対、就二機

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「信疑」の解説

しん‐ぎ【信疑】

信じることと、疑うこと。信じられることと、疑わしいこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「信疑」の解説

【信疑】しんぎ

まことと、疑うこと。〔子、非十二子〕信を信とするは信なり。疑を疑とするも亦た信なり。賢を貴ぶはなり。不を賤しむも亦た仁なり。ひて當るは知なり。默して當るも亦た知なり。故に默を知るは(な)ほ言を知るがごときなり。

字通「信」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android