コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚禿鈔 ぐとくしょう

3件 の用語解説(愚禿鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愚禿鈔
ぐとくしょう

親鸞の著作。2巻。『二巻鈔』ともいい,建長7 (1255) 年親鸞 83歳の著述。上巻は,いわば教相判釈 (きょうそうはんじゃく) の部分で,下巻は,他力の三信を述べ安心を説く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐとくしょう〔グトクセウ〕【愚禿鈔】

鎌倉時代の仏教書。2巻。親鸞(しんらん)著。成立年未詳。仏一代の教説のうち、大乗について二双四重(竪超・竪出、横超・横出)の教判を立て、浄土真宗を横超とし、最もすぐれているものとして、他力の信心を強調したもの。二巻抄。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐとくしょう【愚禿鈔】

親鸞しんらんの著。二巻。1255年成立。仏教の教説を分類・批判し、浄土真宗の教判的立場を明らかにしたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone