コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信託財産留保額 シンタクザイサンリュウホガク

デジタル大辞泉の解説

しんたくざいさん‐りゅうほがく〔‐リウホガク〕【信託財産留保額】

投資信託の追加設定(追加購入)や途中解約の際に発生する料金。ファンドを継続的に保有している、その取引とは無関係な投資家が負担することを回避するために、購入費用・売却費用として換金代金から徴収される。買付から一定期間内に換金した場合に徴収されるものや、信託留保額を設けないファンドもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集の解説

信託財産留保額


信託期間の途中に投資信託を換金した場合に徴収する金額のこと。ある受益者が換金する際に必要な事務手数料を賄うという意味合いがある。信託財産留保金を徴収しなければ、これらの手数料は残存する受益者が負担することになるので不公平が生じることから、これを回避するために徴収される。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

信託財産留保額の関連キーワードMMF(Money Management Fund)契約締結前交付書面中期国債ファンド解約価額

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信託財産留保額の関連情報