コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修正舎(読み)しゅうせいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修正舎
しゅうせいしゃ

江戸時代,京都の五条東洞院にあった心学講舎。手島堵庵によって安永2 (1773) 年に創立されたが,天明8 (88) 年焼失し,天保4 (1833) 年柴田鳩翁が再興して以後,一時は同じ堵庵の開いた明倫舎時習舎をしのいで盛んとなったが,明治初年頃消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android