コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修験修要秘決集 しゅげんしゅうようひけつしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

しゅげんしゅうようひけつしゅう【修験修要秘決集】

修験道における儀礼教義の伝授を証する印信切紙50通を集録した書。3巻。彦山の智光・蓮覚らが口伝を筆録して33通にまとめていた(《修験三十三通記》か)のを,大永年間(1521‐28)に阿吸房即伝が増補したといわれている。原本は伝わっていないが,江戸時代には木活字本が流布し,修験道の基本的な教義書,入門書として重視され,注釈書も作られた。修験五書の一つに数えられる。【佐々木 哲哉】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

修験修要秘決集の関連キーワード兜巾(頭巾)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android