コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即伝 そくでん

2件 の用語解説(即伝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

即伝 そくでん

?-? 戦国時代の修験者。
真言宗をまなび,豊前(ぶぜん)彦山(福岡・大分県境)で華蔵院の承運に師事して彦山伝灯正大先達(せんだつ)となる。大永4年(1524)から信濃(しなの)(長野県)戸隠(とがくし)山や加賀(石川県)那谷寺(なたでら)を巡歴して入峰儀礼をおさめ,彦山流の修験道儀軌をまとめた。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。通称は阿吸房。法名は則伝ともかく。著作に「三峯相応法則密記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

そくでん【即伝】

室町時代後期の下野国日光山の修験者。生没年不詳。阿吸房と称す。豊前国彦山(英彦山)に赴き客僧として華蔵院承運に師事,1509年(永正6)彦山累代正大先達金剛位を受け,権少僧都に任ぜられる。修験道彦山派の峰中修行に関する儀礼教義を集大成した《三峰(さんぶ)相承法則密記》をはじめ,《彦山峰中灌頂密蔵》《修験頓覚速証集》等の著があり,《修験修要秘決集》も即伝の撰といわれている。その伝はつまびらかでないが,広く諸国の霊山を巡って練行を重ね,彦山派の峰中儀礼を伝えたもようで,各地にその授与を示す切紙を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

即伝の関連キーワード修験者日光山兼定験者修験万行錦光山(5代)慈観(1)彦坂諶厚鳳鳴閣思文

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

即伝の関連情報