個人名標目(読み)こじんめいひょうもく(英語表記)personal name heading

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

著作の知的もしくは芸術的内容の創造,ないしは具現(演奏などを含む)に責任を有するか,寄与するところがある個人を,著者標目として選択し,名称典拠(著者名典拠)ファイルに基づく統制された形に表現したもの.『日本目録規則1987年版改訂3版』では,人名は,最初に目録記入を作成するとき,その資料に表示されている形を統一標目として採用することを原則としており,著名な,あるいは著作の多い著者についてのみ,参考資料などにおいて多く用いられている形もしくは多くの著作で一致している形をこの優先順位で採用するとしている.人名がと名から構成されている場合には,日本人名,外国人名を問わず,姓のもとに名を続ける形が標目形となる.RDAおよび『日本目録規則2018年版』では,創作者に当たる個人の優先名称により構築された典拠形アクセスポイントがこれに当たる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android