目録記入(読み)もくろくきにゅう(英語表記)catalog entry

図書館情報学用語辞典の解説

目録記入

書誌的記録を手書きまたは印刷したもので,記述標目,所在記号等からなり,参照とともに目録の構成単位となる”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).記入ともいう.基本記入方式では,資料の識別上最も詳細な記述をする基本記入と,これを簡略化した補助記入(副出記入,分出記入)とを区別しているが,非基本記入方式である記述ユニット方式ではこれらの区別はない.一方,機械可読形の書誌的記録は「MARCレコード」と呼ばれる.なお,『英米目録規則第2版』では「記入」の概念は,“目録における記述対象の記録”と定義され,上記の規定の「書誌的記録」にあたることに注意する必要がある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android