コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

個体識別番号 コタイシキベツバンゴウ

デジタル大辞泉の解説

こたいしきべつ‐ばんごう〔‐バンガウ〕【個体識別番号】

携帯電話などでウェブサイトにアクセスするとき、ウェブサーバーに送信される契約者の識別番号。ウェブ上の各種サービスやアプリケーションなどを再度利用する際、この識別番号によって認証され、ログイン作業を省略することができる。また、通信事業者はどの通信がどの携帯電話から行われたかを特定できる。契約者固有番号。
牛肉トレーサビリティー法に基づいてすべての国産牛に出生段階から割り当てられる10桁の固有の番号。食肉として売る場合、小売店・飲食店などはこれを表示する義務がある。挽き肉・内臓肉・牛肉加工品などは表示義務の対象外。
[補説]1は事業者によって機能とその呼称が異なり、NTTドコモでは端末製造番号個体識別情報、ソフトバンクモバイルでは端末シリアル番号、auグループではサブスクライバIDなどとよぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こたいしきべつばんごう【個体識別番号】

個体を識別するために付与される固有の番号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

個体識別番号の関連キーワードデバイスフィンガープリンティング牛肉トレーサビリティ法サブスクライバーID安心・安全ビジネストレーサビリティー家畜改良センタートレーサビリティ契約者固有ID補説個体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

個体識別番号の関連情報