個性化[教育](読み)こせいか[きょういく](英語表記)personalization

翻訳|personalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

個性化[教育]
こせいか[きょういく]
personalization

ひとりひとりがもっている個性を積極的に引出し,伸ばすことを目指した指導を行うこと。個性重視の教育は第2次世界大戦後一貫して日本の教育理念としてうたわれてきたが,1985年,臨時教育審議会第1次答申において「個性重視の原則」が示されてからは,より一層個性化への志向が強まった。具体的にはプログラム学習や CAI (Computer Assisted Instruction) ,マスタリー・ラーニング,習熟度別学習,課題選択学習などがある。近年は,大学改革のキーワードとして用いられることもあるが,それは各大学がそれぞれ特色ある教育を実現することを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android