引(き)出し/抽き出し(読み)ヒキダシ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐だし【引(き)出し/抽き出し】

引き出すこと。「預金の―」
(「抽斗」とも書く)机・たんすなどに取り付けて、抜き差しができるようにした箱。
臨機応変に活用できる、隠れ持った多様な知識や豊かな経験のたとえ。「―が多く、どんな役でもこなせる俳優

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android