コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭文手纏 シズタマキ

デジタル大辞泉の解説

しず‐たまき〔しづ‐〕【倭文手×纏】

[枕]《上代は「しつたまき」》倭文で作った手纏きは玉製などに比べて粗末なところから、「いやしき」「数にもあらぬ」にかかる。
「―数にもあらぬ命もて」〈・六七二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

倭文手纏の関連キーワード色彩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android