倭文手纏(読み)しずたまき

精選版 日本国語大辞典「倭文手纏」の解説

しず‐たまき しづ‥【倭文手纏】

(古くは「しつたまき」。倭文で作った腕輪の意) 腕輪としては玉で作ったものが高級品で、布製は粗末なものとされていたところから「数にもあらぬ」「賤(いや)しき」にかかる。
※万葉(8C後)四・六七二「倭文手纏(しつたまき)数にもあらぬ命もてなにかここだく吾が恋ひ渡る」
※万葉(8C後)九・一八〇九「倭文手纏(しつたまき) 賤しき我がゆゑ ますらをの 争ふ見れば 生けりとも 逢ふべくあれや」

しつ‐たまき【倭文手纏】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「倭文手纏」の解説

しず‐たまき〔しづ‐〕【倭文手×纏】

[枕]《上代は「しつたまき」》倭文で作った手纏きは玉製などに比べて粗末なところから、「いやしき」「数にもあらぬ」にかかる。
「―数にもあらぬ命もて」〈・六七二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android