倭文(読み)シズ

  • しず しづ
  • しず〔しづ〕
  • しずり しづり
  • しつ
  • しどり
  • 倭=文

デジタル大辞泉の解説

上代は「しつ」》カジノキなどを赤やの色に染め、や乱れ模様り出した日本古代織物綾布(あやぬの)。倭文布(しずぬの)。倭文織(しずお)り。しずり。しどり。
「ちはやぶる神の社(やしろ)に照る鏡―に取り添へ」〈・四〇一一〉
[補説]異国文様に対する意で、「倭文」の字を当てたという。
《「しずおり」の音変化。古くは「しとり」》「しず」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

上代はしつ
かじの木や麻などで青・赤などの縞を織り出した古代の布。しずぬの。しずはた。しず織り。しどり。しずり。あやぬの。 神の社に照る鏡-に取り添へ/万葉集 4011
しず倭文
上代はしとりしつおり(倭文織)の転
倭文しずに同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「しつ」) 古代の織物の一種。梶木(かじのき)、麻などで筋や格子を織り出したもの。荒妙(あらたえ)。しずおり。しずぬの。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「ちはやぶる 神の社に 照る鏡 之都(シツ)に取り添へ 乞ひ祈みて 吾(あ)が待つ時に」
〘名〙 (古くは「しつり」) 「しずおり(倭文織)」の変化した語。
※読本・雨月物語(1776)蛇性の婬「狛錦・呉の綾・倭文(シヅリ)・縑(かとり)・楯・槍・靱・鍫の類」
〘名〙 (「しつおり(倭文織)」の変化した語。古くは「しとり」) 古代の織物の一つ。梶木(かじのき)、麻などの緯(よこいと)を青、赤などに染め、乱れ模様に織ったもの。しず。しずぬの。
〘名〙 ⇒しず(倭文)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の倭文の言及

【緑[町]】より

…人口5988(1995)。中央部の丘陵を分水界に,北側の倭文(しとおり)地区は播磨灘に注ぐ三原川の,南側の広田地区は大阪湾に注ぐ洲本川の流域である。広田には大正初期に乳牛が導入され,以後,淡路の酪農の中心となった。…

【久米[町]】より

…人口8023(1995)。津山盆地西端の平たん地が久米川,倭文(しとり)川沿いに開け,東西に丘陵がのびる。美作と山陽,山陰の接点に位置する古くからの交通・軍事上の要地で,現在もJR姫新線,国道181号,429号線が通じる。…

【宇治紫文】より

…一中節菅野派の家元2世菅野序遊の弟子で都派に転じて都一閑斎,1849年(嘉永2)に宇治派を創立し宇治紫文斎と号す。新作を妻の倭文(わぶん)と作り,基礎を固めた。狂歌師として千種庵諸持と号した。…

※「倭文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倭文の関連情報