側火口(読み)ソクカコウ

岩石学辞典の解説

側火口

寄生火口(parasitic crater)[Daly : 1933]と同意義.成層火山や楯状火山などの大型火山体の山腹に生じた小型の副次的火口をいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の側火口の言及

【火口】より

…マグマの地表への噴出口であり,ふつう逆円錐形,円筒形または楕円筒形で直径約2km以下の凹地である。火山体の山頂部にあるものを山頂(中央)火口,側腹や山麓のものを側火口という。ほかに水蒸気爆発による爆裂火口や陥没によるピットクレーターもある。…

※「側火口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

側火口の関連情報