偽満州国皇宮(読み)ぎまんしゅうこくこうきゅう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぎまんしゅうこくこうきゅう【偽満州国皇宮】

中国の吉林省の省都・長春(チャンチュン)にある、旧満州国皇帝の宮殿。長春は、かつて新京と呼ばれた満州国の首都だったところである。清朝最後の第12代宣統帝で、続いて満州国の皇帝康徳帝となった愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)(1906~1967年)が住んだ宮殿である。ソ連軍の満州侵攻、新京占領期の混乱で宮殿は荒廃したが、その後、中国政府により一部が復元され、日本の傀儡国家という意味で、満州国に「偽」の字を冠して「偽満皇宮博物院」として公開された。中国の歴代王朝の宮殿に比べ、小規模できわめて簡素な洋風の建物で、内部には皇帝の執務室や寝室、皇妃の居室や寝室などが復元されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android