愛新覚羅溥儀(読み)あいしんかくらふぎ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

愛新覚羅溥儀

1908年に2歳で清朝第12代の最後の皇帝宣統帝」として即位したが、辛亥革命により12年に退位。31年の満州事変勃発(ぼっぱつ)を受け、32年に建国を宣言した「満州国」の執政に。34年には同国の皇帝になる。日本の敗戦とともに満州国は崩壊し、旧ソ連軍によって抑留された。46年には東京裁判に出廷。50年、中国の撫順戦犯管理所に移送され、59年に特赦で釈放された。67年、病没

(2006-12-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愛新覚羅溥儀 あいしんかくら-ふぎ

1906-1967 清(しん)(中国),満州国の皇帝。
光緒32年1月14日生まれ。3歳で即位,宣統帝と称した。辛亥(しんがい)革命で退位し,清朝最後の皇帝となる。日本軍の後ろ盾により1934年満州国皇帝(康徳帝)となる。1945年日本が降伏すると退位,弟溥傑(ふけつ)とソ連に抑留され,のち戦犯として中国の撫順収容所にはいる。1959年特赦で釈放され,北京にすんだ。1967年10月17日死去。62歳。北京出身。著作に「わが半生」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android