コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽玄武岩玻璃 ぎげんぶがんはりpseudotachylite

岩石学辞典の解説

偽玄武岩玻璃

ツィルケルが玄武岩質ガラス(hyalomelane)に付けた名称で,シャントによれば黒い岩石で玄武岩質ガラスに類似して不規則な枝脈を出しているもの.圧砕岩状の岩石に伴って産出するガラスに類似している.断層や衝上断層で摩擦によって熔融したガラス質の岩石と考えられ,周囲の岩石の中に脈状に貫入する.破砕片が含まれ,非常に緻密な基質の中に微晶質または球顆状の結晶作用が行われ,高温条件にあった証拠と考えられる.貫入の際のフリント状の破砕岩とは異なり,偽玄武岩質玻璃には部分的に破砕された構造は見られない[Zirkel : 1876, Shand : 1916, Mason : 1978].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

偽玄武岩玻璃の関連キーワード岩脈状圧砕岩ツィルケル熔融圧砕岩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android