コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衝上断層 しょうじょうだんそう thrust fault

4件 の用語解説(衝上断層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衝上断層
しょうじょうだんそう
thrust fault

水平面との交角が非常に小さい断層面を境にして,上盤下盤の上に押上げられた一種の逆断層をいう。造山帯に沿う地向斜の厚い堆積岩は水平な横圧力を受けて変形し,さらに衝上断層に沿って匍行する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょうじょう‐だんそう〔ショウジヤウ‐〕【衝上断層】

逆断層」に同じ。
上盤がゆるい角度で下盤の上にずり上がった状態の断層。45度以下のものをいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうじょうだんそう【衝上断層】

逆断層の一。上盤が下盤の上に低角度でのし上がった断層の称。突き上げ断層。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

衝上断層
しょうじょうだんそう
thrustthrust fault

断層面が45度以下に傾斜した低角から中角の断層で、上側のブロック(上盤(うわばん))が、下側のブロック(下盤(したばん))に対して相対的にずり上がる変位をもつ断層。スラストとよばれることも多い。断層面を境として、上側に古い地層がのることになる。衝上断層は上へ上がる変位成分よりも、側方へ移動する変位成分が大きい。とくに低角で変位量の大きい衝上断層は押しかぶせ断層とよばれることがある。衝上して移動した上盤の岩体はナップとよばれる。ヨーロッパ・アルプスのグラールス衝上断層やスコットランドのカレドニア造山帯のモイン衝上断層などは、変位量が40~50キロメートルにも達する大規模な衝上断層である。日本では仏像構造線や延岡(のべおか)衝上断層などが知られている。北米のアパラチア造山帯やコルディエラ造山帯などの大規模な造山帯の前縁部では、多くの衝上断層が密集して衝上断層帯をつくる。衝上断層帯で、新しい衝上断層が古い衝上断層の下盤側(前方)に形成される一連のものはインシーケンス衝上断層in-sequence thrust、この順番からはずれて新たに上盤側(後方)から形成されるものはアウトオブシーケンス衝上断層out-of-sequence thrustとよばれる。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の衝上断層の言及

【断層】より

断層地形
[断層の分類]
 (1)ずれ方による分類 上盤が下盤に対して相対的にずり下がった場合を正断層といい(図2-a),逆にずり上がった場合を逆断層という(図2-b)。逆断層のうち断層面の傾斜が45度以下の緩傾斜の場合を衝上(しようじよう)断層といい,さらに緩傾斜の場合を押しかぶせ断層と呼ぶこともある。これらの断層はいずれも傾斜移動成分をもつものであり,縦ずれ断層(傾斜移動断層)に区分される。…

※「衝上断層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

衝上断層の関連キーワード水平面断層線横ずれ断層交角蕞爾走向断層面スパイクヒール断層運動微篩状組織

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衝上断層の関連情報